フラリーマンとは?金曜の定時後に多く出没する彼らの実態とは


フラリーマンとは?NHKでも取り上げられたフラリーマンという言葉が、今大きな話題を呼んでいます。どうやら近頃世間が注目を集めている、働き方改革といわれるものの影響からサラリーマンならぬ、フラリーマンという人たちが増えてきているそうです。

そもそもこのフラリーマンとは何なのか、そしてフラリーマンが増えている背景やその実態について調べてみましたので紹介しましょう。

フラリーマンはプレミアムフライデーに多く出没?!


出展:so-net.ne.jp

フラリーマンが近頃増えてきているようです。特に、月終わりの金曜日の定時を早める取り組み、通称「プレミアムフライデー」の日はその傾向が強いようで、

あたりの飲食店や家電量販店、アミューズメント施設などは、ワイシャツ姿のサラリーマンで溢れかえっています。彼らがまさにフラリーマンといわれるものです。ではフラリーマンとは何なのでしょうか。

フラリーマンとは何なのか?


出展:http://matsuyamalab.com

フラリーマンとは、会社の定時となっても自宅にはすぐに帰らず、あたりをフラフラしているサラリーマンのことを指します。

つまり会社が終わってから寄り道がてら色々なところをフラフラしているということですね。一見だらしなくも見えるフラリーマンではありますが、彼らにとってはこれが大事な意味を持っているのです。

フラリーマンがすぐに帰らない理由


出展:http://matsuyamalab.com

フラリーマンはどうしてすぐに帰宅しようとしないのか。もちろん広く世間に認知されているサラリーマンの日常、例えば居酒屋へ飲みにいったり、ウィンドウショッピングに立ち寄ったり、アミューズメント施設を楽しんだりすることで、仕事のストレスを解消したいというのが理由のひとつではあります。

しかし人によっては、夕食の準備などの家事に勤しむ妻の邪魔にならないよう、あえて時間をつぶして帰っているという人もいるようです。確かに夫の早めの帰宅で、夕食をつくる暇もないと嘆いている女性は多いものです。

このように、サラリーマンがフラリーマンとなる理由は人によって様々なのです。

フラリーマンが増えることで景気が上昇?


出展:http://syupo.com

フラリーマンが増えることで、周辺の飲食店や量販店、アミューズメント施設の客足が急増し、売り上げが伸びていると語る経営者も多いようです。確かに通常はまっすぐ家に帰るサラリーマン層を取り込めるとなると、売り上げも格段に上昇するはず。

フラリーマンの増加で喜んでいる人たちもいるということですね。しかし世の奥さん方がこの現状を静観しているとは限りませんよ。場合によってはフラリーマンなど許すものかと、お小遣いを減らされ、フラリーマン卒業を余儀なくされる方が出てくるかもしれません。

世のサラリーマン方は奥さんに許可を取るか、ばれない程度にフラフラしておいた方が良さそうですね。